65歳を過ぎても

身体が動く間は働きたい

工務本部

K.M.

入社のきっかけ
定年後もリモートで働きたい

 前職では、現場代理人や監理技術者として現場管理をしていました。
 社長の直樹さんから話を聞いて、小田島組は他の建設業者と比べると若い社員の方が多いことを知りました。また、カエレル事業だったら定年後もリモートで仕事ができそうだなと思い、小田島組に決めました。
 建設業界では珍しく若い人たちが多く、リモートの活用が進んでいるところが魅力的です。

IMG_0563.jpg
IMG_4576.HEIC
前職との違い
今は聞くことの方が多い

 前職の時も結構若い人と一緒に現場に出たりしていたのでその点は共通してます。今は自分が教えることより、聞くことの方が多いと思うのでそこは違いますね。今のところ、会社の体制にまだ慣れていないので、そういったことを聞くことのほうが多い気がします。

​現在の仕事内容
前職の経験を生かして現場管理を

 入社​してすぐのころは現場のサポートをしていました。最近は自分の名前が出ている現場を担当することになったので、前職での経験を生かして頑張ります。

IMG_0573.jpg
実際に働いてみて
スマホをよく使います

 小田島組で働き始めてから、スマホを見る回数が各段に多くなりましたね(笑)前職ではあまりスマホを見る機会ありませんでした。
 私自身、現場で働いているので現場の人たちとの接点がほとんどです。現場以外の人との接点もこれから広めていきたいです。

​ 現場のことについては前職での経験もあるので特に困っていることはありません。小田島組の会社の方針とかを学んで行きたいと思っています。

IMG_4573.HEIC
IMG_4582.HEIC
​これからのこと
身体が動く限りは働きたい

 建設業だと平均年齢が高くて、意外と60歳をすぎても需要がある気がします。定年は65歳くらいまで、というのがほとんど標準になっていると思いますが、小田島組では65歳以降もリモートでの仕事があります。私も65歳くらいまでは現場で働いて、あとはリモートで体が動く限り働きたいなと思っていす。

中途入社を考えている人へ
60歳からでも大丈夫

 60歳以上の人の働き方のマニュアルみたいなのがあるんです。私も60歳での中途入社でしたので、入社以来そのマニュアルを見て仕事をしていますが、とりあえずは若い人と同じ行動をとるような気持ちで仕事をすれば大丈夫だと思います。小田島組は色々なことに取り組んでいる会社なので、何をするにも一生懸命頑張れる方なら活躍できると思いますよ。

​SCHEDULE

5:30

​起床

​30分ほど散歩をします。

13:00

​作業開始

7:40

​出社

17:30

​作業終了

​社長勉強会は事務所で参加したり、車の中から参加したりです。

18:50

​帰宅

7:45

​環境整備

15分の環境整備が終わったら朝礼をして作業開始です

22:30

​就寝

12:00

昼食

​たった一度しかない人生を、何のためにどう生きるか

​INTERVIEW

麻里TOP-3.jpg
IMG_1638.jpg
IMG_0705-2.jpg

ブランディング部
​K.M.

ブランディング部
​O.A.

工務部
​K.M.

藤原さんトプ画.webp

カエレル
F.Y.